2021.7.25 練習試合 対 大阪産業大学附属高校

2021.7.25 練習試合 対 大阪産業大学附属高校

Aチーム 25分ハーフ
0-35 ●
Bチーム 20分ハーフ
21-19 ○

春の総体で0-54で負けた産大附属高校と練習試合を行った。
3ヶ月間でどれだけ自分達のラグビーが成長したか、大阪府予選Bシード校に勝ち切るためにディフェンスで相手に圧力をかけ、アタックで継続し続ける事をテーマにした。
Aチームの試合では、相手に圧力をかけ、我慢強くディフェンスできた部分もあったが、ペナルティーが重なり自陣でのプレー時間が多くなった。アタックでは、ラインブレイクする場面を何度も作れたが、繋ぎ目の所でミスが目立ちノートライで試合終了。
Bチームの試合では、積極的なプレーが多く見られ3トライを取り勝利。

文賢監督のコメント
「春の総体で敗れたチームとの対戦とあって、学生達も高いモチベーションで試合に臨みました。ファーストタックラーが低く入り、春の総体で戦った時よりは、我慢強くディフェンスできましたが、ペナルティーが多くそこからモールでトライを取られたり、自分達のミスが目立ちました。アタックでもラインブレイク後のサポートの枚数が少なかったり、繋ぎ目の所でミスが目立ちました。得点できなかったのが、非常に残念でした。この夏にどれだけチームが成長できるか、そのために一人一人がどれだけ高めていけるかにこだわっていきます。」

(コリラグ編集部)

 

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る