2021.7.22,23御所ラグビーフェスティバル

2021.7.22,23御所ラグビーフェスティバル

2日間御所ラグビーフェスティバルに参加した。
全国の強豪校と20分1本の短時間の試合を何本も行う、御所ラグビーフェスティバル。
短い時間の中でどれだけ主導権を握りアタックを継続するか、ディフェンスの時は、相手に常に圧力かけ続けターンオーバーを積極的に狙うことをテーマにした。
2日間の試合の中で、自分達が意図したプレーができた試合とできなかった試合をしっかり分析し、次の試合に活かしていきたい。

文賢監督のインタビュー
「今年もこうしてお声掛け頂き、そして試合はもちろん私たちの目に映らない所で運営に携わっておられる御所ラグビー部監督をはじめとするすべての関係者の皆様、本当にありがとうございます。全国の強豪校と試合する中で、まだまだ足らない部分がある事、特にオフロードやテンポの早いアタックをするための基本プレーの質がまだまだ低いです。またセットプレーの精度と強さをもっと強化していかなければなりません。またディフェンスでは、ファーストタックラーが低く強いタックルで相手に入れることを強化していきます。」

試合結果

△7月22日(木)
朝高B vs 東京高校B 10-12
朝高B vs 京都成章B 0-28
朝高A vs 京都成章A 21-7
朝高A vs 御所A 5-12
朝高A vs 東京高校A 5-10

△7月23日(金)
朝高B vs 高川学園 7-12
朝高B vs 東京高校B 12-10
朝高B vs 創志学園 0-5
朝高A vs 石見智翠館 0-5
朝高A vs 春日丘 0-5

(コリラグ編集部)

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る