2020年度 在日朝鮮学生中央体育大会(中級部)

2020年度 在日本朝鮮学生中央体育大会ラグビー競技(中級部)

 

◆戦評

大阪朝中 54 – 0 東京朝中

 

大阪朝中は積極的にボールを動かし、グラウンドを広く使い、テンポの早いアタックで前半2トライ、後半6トライを奪う。
東京朝中の縦を付くディフェンスに対し、前に出て止める大阪朝中が圧力をかけ続け、攻防共に圧倒し、勝利。

 

文 賢監督のインタビュー
「前半は動きが固く、アタックを継続できない時間がありましたが、後半に修正できた事が良い点です。
まだまだラグビーの質は低いと思います。
ラグビーに対する理解度を高め、個人個人が良い判断ができるチームを作って行きたいです。
私学大会に向け、更に練習に励んで参ります。」

 

金 龍浩監督のインタビュー
「前半から前に出続け、体を張って相手の攻撃を必死に食い止めました。選手たちは、今ある力を全て出し切り闘いましたが、実力差を思い知りました。来年は必ずリベンジを果たしたいと思います。」

 

 

(コリラグ編集部)

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る