東京朝中 東京都中学生ラグビー新人大会 1戦目結果

2019年度 東京都新人大会 予選ブロック1戦目結果

 

1/12(日)東京朝中連合 14 – 41 本郷

 

昨シーズン終了後の今後のチームの方向性は、春、そして秋を見据えて基礎ハンドリングと基礎走力に重きを置くということ。
また、ラグビーの原点に返って、アタック、ディフェンス問わず、相手より早く、激しく、前に出続けることを目標として掲げていた。
新チームになり初めての公式戦。
連合チームを組んで2年目となり、共に辛い練習を乗り越えた仲間「one team」として大会に臨む。
開始早々、自陣ペナルティからトライを許してしまう。
その後も体の大きい相手に対して後手にまわり、前半だけで5トライを奪われ31点差になる。
相手に気持ちで負けず、立ち向かおうと声をかけあいながら、後半に臨む。
すると、中盤でのアタックから空いているブラインドサイドを狙い、数的有利な状況を作りだし、外までフォローし見事トライを奪う。
その後、トライを二つ許し、突き放されるも朝中連合はあきらめず、もう1トライを全員でとりにいく。
むかえたラストプレー、中盤でのマイボールスクラムから一発サインが鮮やかに決まり、フルバックが抜け出す。東京都選抜にも選ばれた相手フルバックを振り切り、トライ。
キックも決まり14-41でノーサイドの笛。

 

金龍浩監督のインタビュー
「敗れはしたものの、選手たちはあきらめず最後まで闘いました。
自分たちの持ち味、練習してきた成果を出せたと思います。怪我人が多く出ていますが、残り2戦ともに勝利して自信に繋げたいと思います。」

 

1/19(日)
予選ブロック第2戦 vs城北中
東京朝鮮中高グラウンド 13時00分キックオフ

 

(コリラグ編集部)

 

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る