高麗クラブ 東日本選手権 2回戦結果

2019年度 第29回東日本クラブ選手権大会 2回戦

10/6(日) 東京闘球団 高麗 10 ー 40 ハーキュリーズ(東京都)

 

高麗クラブは前半7分にペナルティゴールで先制するものの、風下と相手の早く前に出るディフェンスに苦しみ自陣から抜け出せない苦しい展開。
するとディフェンスラインの空いたスペースに走られ前半14分にトライを許し、その後前半に2本のトライを許す。
後半、風上に立った高麗クラブが果敢に攻めるも後半24分に再びトライを許し苦しい展開に。
その後もセットプレーなどでミスが出た高麗クラブはハーキュリーズに2トライを許しノーサイドとなった。

 

尹 陽大コーチのインタビュー
「今日は試合全体を通して64分まではゲームプラン通り戦う事が出来ましたが、なかなかスコアする事が出来ず最後は高麗クラブのミスからトライを許す形になりました。
またハーキュリーズさんの早い展開に対して序盤、後手に回ってしまった事とスクラム・ラインアウトといったセットプレーでミスが続いたのも敗因だと思います。
ただ去年、同じ大会でタマリバクラブさんに負けて一年間チームとして積み重ねてきた様々なものが良い形で現れ、チームの成長を実感した試合でした。

最後になりますが今シーズン、高麗クラブを応援・サポートして頂いた父兄、高麗クラブOB、並びにラグビー関係者の方々、本当にありがとうございました。
今シーズン、全国クラブ大会の出場を目標にチーム一丸となって努力して参りましたが、あと一歩及ばずといった形になりました。
残念な結果となってしまいましたが、今の高麗クラブの実力を知るうえで非常に良い経験になったと思います。
今回負けた悔しさを忘れず、全国大会出場に向けてチャレンジして参りますので今後とも変わらぬ応援・サポートを頂ければ幸いです。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。」

 

次戦
11月から首都リーグに参戦予定となっています。

応援よろしくお願いします!

(コリラグ編集部)

 

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る