東京朝高ラグビー部OB 「ハゴの会」

8/25に年に一度、夏に行われる「ハゴの会」が行われた。
「ハゴの会」とは以前、東京朝高ラグビー部で監督を務められていた呉昇哲先生の同級生たちが力を合わせ、「学生達がOBと交流出来る機会を作ろう」という考えのもと、11年前から始まったチャリティーイベントである。
※ハゴは呉昇哲先生のニックネーム

始まった当初は同級生同士の飲み会だったが、一人二人と人数も増え、今となってはOBと現役高校生が試合を行い、その後は焼肉を振る舞うイベントにまで成長した。
この日も暑い中OB対高校生の試合が行われ、トライ数5本-1本でOBチームが勝利を収めた。
その後の焼肉では調布で「焼肉 徳」を営んでいる、東京朝高OBの安秀達さんから、そして言わずと知れた名店「焼肉トラジ」からお肉を提供して頂き現役高校生達との交流の場を設けた。
交流の場ではOBから高校生達に向け協賛品が送られ、また今年は11年目という事もあり高校生だけではなく中学生にも協賛品が送られた。

「ハゴの会」の幹事でもある金英学さんからは「これからも学生の為に続けていく」という力強い言葉も頂いた。
「ハゴの会」の活動を通して、始まりは小さくとも続けていく事で大きなものとなることを実感できた。OBの支援が学生たちの大きな力となり、ますます活躍してゆく事だろう。

(コリラグ編集部)

 

「ハゴの会」幹事 金英学さん↓

 

「焼肉 徳」を営んでいる安秀達さん↓

 

 

広告

pic

pic

pic
ページ上部へ戻る